FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

天誉上人見守り堂跡

応仁元年、勝手な振る舞いが多く西阿知へ逃げて熊野神社を興した円海が、

細川らの兵士を使って熊野神社関係の神社仏閣をほとんど焼き尽くした。

この再建の大願を発して、諸国を勧進して得た資材で明応元年に至って社殿

及び堂搭の大半が成就した。

この大仕事を成し遂げた天与上人は、向木見の株式会社小橋の工場を上に登った

所を隠隠居として余生を送った。

今もこの場所は「長老のコウゲ」と呼ばれている。

明応六年(1497)四月十七日、六十七歳で天寿を全うした。

村人達は、天与上人の偉業を称えると共に、いつまでも熊野権現を見守って

欲しいとの願いから林、曽原、福江の村人達が資金を出し合って立派な像を

造り、熊野権現を見下ろせる場所にお堂を建立した。

この像の残欠は、上人の後 、宮本歩氏宅に保管されているが、最近市史編集室が

赤外線写真を撮ったところ、正確な記録が残っていたとのことである。

この時代に村人が資金を出し会って、このような像を造るということは非常に珍しい

事で、当時の村人が如何に上人を敬っていたかが、想像出来る。

天与上人
スポンサーサイト
Date: 2017.07.02 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
プロフィール

郷内歴史保存会

Author:郷内歴史保存会
ご訪問有難うございます。

私達「郷内歴史保存会」は、
今消えつつ有る、地元の貴重な
歴史の足跡を後世に残す為に
発足致しました。

更新につきましては、まちまち
ですが、勉強会や説明会、及び
地区のイベント等の情報を載せ
ていけたらと思っております。


基本は楽しく歴史を学べる場と
して、老若男女、沢山の方々に
参加して頂けたらと考えています。


これからもどうぞ宜しくお願い
致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ翻訳(強化版)
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。