FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

児島高徳誕生の地

IMGP2037_convert_20131009172332.jpg
二十二、児島高徳誕生の地

日本が敗戦となるまで、小学校の教科書には児島高徳に関係する事項は歌や物語となり、歴史上の

重要な人物でした。

その高徳は尊瀧院で生まれている。


高徳の曽祖父は頼仁親王であり天皇家に対する思いは格別であった。

高徳の母は佐々木盛綱の後商 児島三宅備後守範長の娘信夫で高徳は三男、高徳七歳の時、外祖父

(母方の祖父)三宅範長の養子となり、武士の教育を受ける。

「郷内幼稚園の前辺りの地名を『三宅屋敷』と言い、高徳が十歳頃まで養子だったといわれる。」

その後、西大寺会陽で名高い観音院対岸の少し上流射越に三宅一族は館を構えて、養父は和田備後守範長

と名乗った。

ここ射越から邑久町にかけて一族とされる射越.和田.今木.大富など名字と同じ地名のある地域で和田大明神

とよばれる石のそばに「児島高徳公発祥地」と刻まれた石碑が立っており、この辺りに和田屋敷があったと伝

えられている。





スポンサーサイト
Date: 2013.10.08 Category: 児島高徳  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
プロフィール

郷内歴史保存会

Author:郷内歴史保存会
ご訪問有難うございます。

私達「郷内歴史保存会」は、
今消えつつ有る、地元の貴重な
歴史の足跡を後世に残す為に
発足致しました。

更新につきましては、まちまち
ですが、勉強会や説明会、及び
地区のイベント等の情報を載せ
ていけたらと思っております。


基本は楽しく歴史を学べる場と
して、老若男女、沢山の方々に
参加して頂けたらと考えています。


これからもどうぞ宜しくお願い
致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ翻訳(強化版)
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。