FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

舟形如意輪観音

舟形如意輪観音(西国33観音第一番) 

IMGP1978_convert_20130518182838.jpg


(木見33観音.第一番)とも呼ばれている。(住心院境内)

この観音様は、西国33観音の第一番の紀州西岸渡寺の如意輪観音様で、この一番札所から天満宮の西側を通って

住心院の奥ノ院毘沙門堂に至る間に」、33体の観音石仏を配置して造られたミニ西国霊場。

この霊場を発願したのは山田弥吉で、弥吉の家は旧県道から正無田方面に入る三叉路の処「はりまや」という屋号

の家。

伝えによると明治の初め、弥吉は西国33観音霊場巡りをして帰ったが、当時は大変な日数と費用が入用であった。

店に来る、特に女の人たちから羨ましがられ、弥吉は意を決して木見にミニ西国霊場をつくり、皆さんにご利益

を受けていただくことを決心した。

これは西国33観音霊場に参って、そのお寺で祈念してもらったお砂を持ち帰り、奉納されたその霊場の石仏の

下にお砂を埋めるところの石仏にお参りすれば、現地の霊場にお参りしたのと同じ御利益が受けられる、と言われた。

この石仏を寄付して下さる人を』募ったが、主に畑から熊坂にかけての奉納者の名前が石仏に刻まれている。

一霊場にずつ完成させていったので、約20年を要して満願を迎えたとのこと。



山田弥吉奉納一番札所の石仏は、豊島石のため風化が激しくなったので、高木住職が新しく発注

して平成21年お迎えした如意輪観音である。




如意輪観音

日本では「如意輪観音菩薩」、「如意輪観世音菩薩」、「大梵深遠観音」などさまざまな呼び方があるが、重要文化財等の指定名称は「如意輪観音」となっている。また「救世菩薩」とも呼ばれる。

如意とは如意宝珠(チンターマニ)、輪とは法輪(チャクラ)の略で、如意宝珠の三昧(定)に住して意のままに説法し、六道の衆生の苦を抜き、世間・出世間の利益を与えることを本意とする。如意宝珠とは全ての願いを叶えるものであり、法輪は元来古代インドの武器であったチャクラムが転じて、煩悩を破壊する仏法の象徴となったものである。六観音の役割では天上界を摂化するという。



スポンサーサイト
Date: 2013.05.19 Category: 標柱建て  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
プロフィール

郷内歴史保存会

Author:郷内歴史保存会
ご訪問有難うございます。

私達「郷内歴史保存会」は、
今消えつつ有る、地元の貴重な
歴史の足跡を後世に残す為に
発足致しました。

更新につきましては、まちまち
ですが、勉強会や説明会、及び
地区のイベント等の情報を載せ
ていけたらと思っております。


基本は楽しく歴史を学べる場と
して、老若男女、沢山の方々に
参加して頂けたらと考えています。


これからもどうぞ宜しくお願い
致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ翻訳(強化版)
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。