FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

仁王門池

郷内中学校門側の熊野大社大鳥居を目指して進んだ鳥居の左側の広場(遊園地)が、


以前は仁王門池と呼ばれた池せあった。プールの無かった頃の子供達は、夏はプール

のように使っていた。

この池の西側の道路は、忠魂碑の立つ辺りにあった大願寺への道路であって、その入

り口辺りに仁王門がここにあった。

そこから仁王門池と呼ばれていた。

仁王門
スポンサーサイト
Date: 2017.07.19 Category: 六十三 仁王門池  Comments (0) Trackbacks (0)

相引池の用水路

相引


広江の堺のある相引池から曾原の山裾(清田八幡宮の下から一等寺の下を通って)から

串田・西方寺が、淀みなく相引池の水を流している。

この一定のリズムで流れて行く水路を造るために、次のようにして水路を造ったと伝えられ

ている。

相引池から串田へ向けて同じ高さの高張り提灯を並べて、夕闇の中でこれに点灯し、笹間の

福岡山の麓か、熊坂の天満山の麓辺りから見れば、一目でその高低は判別出来た。

Date: 2017.07.15 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

阿弥陀庵(山伏寺覚城院跡)

阿弥陀庵


ここは元山伏寺であったため、境内には「長床宿老」の肩書が刻まれた墓石が、

かなりの数があったが、本道寺の大修理の時、整理されたようで今はない。

新熊野大権現が神仏分離令により、大巌寺が廃寺となって児島四国代五十三番

「札所」を覚城院跡に移設されたのが、阿弥陀庵である。

入口門の左に、高さ1.5メートル、幅61センチの自然石に「五十三番札所」と力強く

彫られて、側面に「嘉永二茜三月」とあるが、年号からもわかるように、元大巌寺

にあったものの移設である。
Date: 2017.07.12 Category: 六十二  阿弥陀庵(山伏寺覚城院跡)  Comments (0) Trackbacks (0)

森池拡張・石川善右衛門成一

石川善右衛門


承応3年(1654年)日照り続きであったところ、7月18日から降り出した雨は豪雨となり、

翌日には旭川の水は岡山城下のあふれ出て大洪水となった。

これは城下だけでなく備前藩の国中に及んだ。

当時の記録によると、流出破損家屋、侍屋敷439件、足軽屋敷573件、町屋443件、農家

22,248件、死者156人、荒廃した田畠、11,360石とある。

この時、藩主光政は、江戸より帰国中であったが、知らせを聞くと直ちに家来を先に帰らせ

て処理させた。

8月8日帰国した光政も、自分の目で確かめて、「この国から一人でも困窮者を出してはなら

ぬ」と言って、城の蔵えお開き米や銀子を国中に施し、足らぬ分は借金までして施した。郡奉

行も手不足であろうと、馬廻りの中から優秀な十人を選び郡役所に派遣した。

石川善右衛門は児島の郡ぶぎょう香取茂右衛門の手助けに配属された。

復旧工事が一段落すると皆、元の持ち場に帰ったが、善右衛門は藩主光政の命のより前奉行

香取に代わって、児島の新奉行に取り立てられた。

それから寛文五年(1665年)正月二十二日まで十年余り児島の郡奉行を務めた。

奉行となった善右衛門は、森池、福林池、長尾の天王池など大小、十年間に三百余りの溜池を

造り修復した。

この十年刊の宿舎は一等寺であった。

その謝礼として、一等寺は地主不明の土地や小作田の地主となって、終戦まで豊な生活が出来た。

児島地域にとって石川善右衛門は得難い人物であった。

その業績を後世に伝えるため天城村大庄屋中島三良四郎宣光が石碑を建立した。

この碑は、由加蓮台寺の境内のあったが、今は、参道の元山門のあった右側の斜面に移設されてい

る。

表に「石川善右衛門成一之墓」と刻まれているが、墓ではない。

側面、背面に誰でも読めるようにと役千四百の漢字かな交じり文で、彼の功績が刻まれている。

墓地のついては不明である。

森池は元金坪池と言う名で、今の森池の中央辺りに昔の姿が残っている。

今の堤防を造るために毎日村々から多くの人が出て「千本づき」をしながら堤防を造った。

その長さ百二十間、水面凡そ六町九反、深さ九尺五寸。

この池が出来たため林村のたで池、松原池、松原下池は潰して新田とした。

そして林と木見の四十五町を潤す事が出来るようになった。

森池の名前は伝えられているように、木見の木と林の名を重ねた森の字から生まれた。

Date: 2017.07.09 Category: 六十 森池拡張・石川善右衛門成一  Comments (0) Trackbacks (0)

伝 岡福山山頂砦跡

福岡サン

何か



通称、福岡山と言っている熊野神社の裏山が、福岡山頂砦跡で、蜂峰山からの尾根筋が

鞍部のくびれで、あたかも独立峰的な雰囲気の山容を見せる小山で、中世城郭研究会19

98年第12号に縄張図が記載されている。

鞍部を隔てた向かい側の尾根上にも極輪らしき平地が直列階段状に並んでいるが、縄張り

上の重要拠点であるその続きの山頂に、防御装置構築の痕跡が確認できない事と、更にそ

の先の尾根筋付近に両側左右へ堅堀らしきものを落とした痕跡もある。

これらは熊野神社の背後の神域を区画した結界の一種と考えられ、城郭遺溝とは異質な土

木構造物と考えている。

以上は茶屋町の光畑克己氏が調査されたものであるが、氏は亡くなられていて、これ以上の

事を知ることはできない。

想像するのに、秀吉が備中高松城攻めの時、協力の依頼があったが、これを拒否した時、急

遽、防衛の手立てをしたことは想像出来る。


山頂福岡山

Date: 2017.07.08 Category: 五十九 伝 岡福山山頂砦跡  Comments (0) Trackbacks (0)

福江の水車跡

福江の

福江の山も、尾原と同じくらい水量が豊富な土地であった。

この為川には水車が相当設置されていた。これらが先で、殆ど撚り糸製生産のために使用

されるようになり、尾原と同じように、撚糸の集落となった。

今一つ忘れてはならない事は、瀬戸大橋の橋脚には全て福江の流紋岩石が使用されている

ことである。

東洋石材工業が一日にダンプカ16台が5~6往復延、、べ100台近くが、4年近く運び続けたと

のことである。

水車福江の



Date: 2017.07.07 Category: 五十八 福江の水車跡  Comments (0) Trackbacks (0)

由加参道丁石(三十一~三十六丁)

由加
由加参道丁石については、「九 由加参道丁石」のところで詳しく説明したが、丁石が欠ける

ことなく残されているのは、この森池のこの場所だけである。

森池の大改修が石川善右衛門によって行われたが、その時も丁石は、山手側であったため、

移設は無かったようである。

従って、丁石は設置以来殆どそのままの位置で今日に至っているようである。

Date: 2017.07.07 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

西原の水車跡

西原由加


西原は、副南山水系と東部の由加山水系の大半を受けて、水量が豊富であったため、

水車の利用は急速に広まった。
Date: 2017.07.06 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

葛原の水車跡(尾原)

葛原の水車
由加山の山々は、今でも樹木が豊に育っているが、昔は、今以上豊かで由加山は
児島の信仰の中心であると共に、児島機業の母でもあった。

それは由加山水系を利用して水車を動かし、撚機や染色の原動力とした。

尾原で水車が利用されだしたのも撚機の原動力としてのようである。
Date: 2017.07.06 Category: 五十五 葛原の水車跡  Comments (0) Trackbacks (0)

空飛び観音 番外札所、文殊庵

観音


言い伝えによると、応仁の乱の余波で新熊野権現と共に新宮諸興寺も戦火に焼失したが、その火災の

時に諸興寺の本尊は空高く舞い上がり、内木見の空谷(カラタニ)に降りたので、ここにお祀りした。と言う

伝承と新諸興寺が戦火で焼失した後片付けに内木見からも手伝いに出て片付けていた所、仏像の半身

が現れたのでこの仏像を内木見に持ち帰ってお祀りした。

この場所は、荒神様と祇園様をお祀りしている参道の途中で、今は畑だが観音段と呼ばれている。

地元では観音様として祀っていたが、児島、四国遍路が訪ねる様になり、更に児島百番観音霊場番外札

所「切戸文殊菩薩」が開設され、移設も同時にされたのではと言われる。

移設」当時には、十二畳ほどの通夜堂があり、学問の仏様にあやかって正無田、内木見、畑の青年が夕

刻に集まって勉強をしていたとのこと。

その通夜堂は、昭和二十四年十二月焼失、その時、火は本堂を飛び越えて裏山に移り、本堂は類焼しな

かったとのこと。

皆不思議に思った。

その通夜堂跡地は昭和二十七年道路拡張工事のため大半が道路となった。

本堂も老朽化したので、平成四年旧堂と撤去して現在の新本堂を新築再建した。

五月二十四日に住心院住職により落慶法要を執行

IMGP3026_convert_20170630235217.jpg





              祭仏
弘法大師坐像      資料が無くて不明であるが、福田史談会高橋会長は
               天保十年(1983)に開設された児島四国巡りの遍路
               参拝に応えるため奉迎した大師様であろうと言う。

本尊観音菩薩像    上半身像で背中に焼け跡がある。(空飛び観音)
               
切り戸文殊菩薩像   児島百観音霊場番外札所。丹後の切り戸文殊は、日
               本三大文殊の一つ。

観音と地蔵祭り     内木見の四軒が一組となって輪番制で当番を務める。

八月十七日観音様、八月二十三日地蔵様ご本尊様を公会堂に迎えて祀る。
Date: 2017.07.06 Category: 五十四 空飛び観音 番外札所、文殊庵  Comments (0) Trackbacks (0)

らんとうば

らんとうば

この場所は元五流報恩院の一角で、昔から「らんとうば」と呼ばれているが、その意味は不明である。

「卵塔婆」と書かれてもいるが、当て字ではなさそうで、「卒塔婆」に関係する言葉なのかもしれない。

豊島石で造った家型の石造物を「らんとう」と言い、これがかなりの数、ここに置かれていたとのことで、

そこから生まれた言葉かとも思われる。

今はこの石造物も壊れて積み重ねられているが、昔、この地に五流山伏の長老が入寂され、今は「いぼ」の神様

として、水をお供えして、お願いすると「いぼ」が取れるとつたえられている。

2らんとうば


Date: 2017.07.06 Category: 五十二らんとうば  Comments (0) Trackbacks (0)

行者池

行者
櫻井塚のある島の熊野神社表参道に、足場があって、入水できるように出っ張った場所がある。

この場所が山伏たちが入水する行場であったと伝えられている。

尚、参道の反対側の、今の真浄院は、元の五流尊龍院であり、この庭には、行者池に近いくらいの池

があり、その中心辺りに山からの水を竹筒を使って、頭から水が注げられる様にしてあり、ここでも水行

が行われていたと思われる。

行者池

Date: 2017.07.06 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

日比往来入口石標

日比


久しく行方不明の状態であった、日比往来の石標を発見することができ、集落の有志の

奉仕によって旧日比往来の入り口に復元することができた。

この日比往来は、岡山からの金毘羅往来は(起点は岡山城下の栄町「現岡山市表町三丁

目付近」)から分かれて、ここから植松・彦崎を通って日比往来児島半島の東側を通って日

比に至る道である。


今一つ、これも是非復元できたらと思うのは、山本駿一郎宅前の由加山への船方丁石「六十

五丁」の道標から金毘羅往来の道を、藤戸側へ役300mほど行ったところに水準点の標石が

埋めてある。

大正十四年海抜2.7m、平成6年海抜2.1mとの事。

この標石の近くの蛙道、1882年(明治15年)岡山県が建てたもので「距岡山元標里」と刻まれた

石標が転がったままになっている。
Date: 2017.07.05 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

北村の製塩遺跡

塩作りといえばすぐ頭の中に塩田を思い浮かべるが、大昔の塩造りは素焼きのコップ位の

大きさに海水を入れて、これを煮詰めて塩ととる。

従って大変貴重な食品であった。

市の埋蔵文化センターでは、郷内地区でこの種の発掘は確認していない、とのことだが・・・

(郷内村埋蔵文財保護委員会当時、確認されているようです。)

製塩
Date: 2017.07.05 Category: 五十 北村の製塩遺跡  Comments (0) Trackbacks (0)

植松の港

植松


江戸も終わりに近くなる頃、今迄船で藤戸まで行って由加参道を通って行ったのが、植松の港の

整備が進むにつれて植松から上陸して由加参りをするようになった。

江戸中期頃よりこの傾向は多くなり、殿様もここから上陸して由加山へ参るようになった。
Date: 2017.07.05 Category: 四十九 植松の港  Comments (0) Trackbacks (0)

 池田お類様の墓

お類様
この件については、前年の当歴史保存会総会の席上、講演をお願いした

池内節光氏が「倉子城第二十二号」に「お類様の謎」と題して調査された

記録が記されているので、その中から転記させてもらう。

尚、この墓地は中学生の頃「児島めぐり」(昭和十一年刊)という冊子を手にして

友達とこの場所に出かけたことがあるが、当時はまだ土塀が残っていた記憶が

ある。

墓誌は異体字を多用し、難解な漢語もあるので誤りがあるかも知れないが、趣旨

は呑み込めた。

最初の生い立ちを語る部分に「幼名類」「幼い内に父を失い、父の正室に仕えた。

二兄に仕えては敬愛した。」とあるが、具体的な氏名は出て来ない。

さきの「児島めぐり」では「室は天城・池田の出」と断定しているが、お類様出生を

宝永五年(1708)とすると天城・池田家の四代由勝が宝永元年に死去しているか

ら、他家から養女に入ったことになる。

この年、岡山・池田家から五才の保教が養子に入り、同六年にその弟の六代・正

純へバトンタッチするので、この兄弟の娘でもあり得ない。

ただ「二兄に仕えては・・・」という説明が天城・池田との関係を暗示しているだけで

ある。

そこで夫の稲葉正長であるが、ちょうど『岡山県史・岡山藩文書』に享保六年の「家

中知行髙文帳」があり、番頭に任じられて来た名家である。

『金川町史』に、岡山藩家老・日置氏の六代・忠昌の室が「稲葉四郎右衛門正勝女」

と紹介されている。

岡山藩のいわゆる「奉公書」をたどるとこの助五郎、宝永二年(1705)に父・四郎衛門

が病死し、僅か三才跡目相続を許された。お類様より六歳年長である。

享保八年「四郎衛門」を襲名、鉄砲組を預かった。

同年八月には矢柄に改名している。
知行が千五百石に減っているのは、藩政建直しのための減俸で、本人の責任ではなさ

そうだ。

正長の跡目は長男小膳がついでいるが、小膳は享保十六年に生まれており、同年十六

年にこの世を去ったお類のこではありえない。

ところが、お類様の墓の傍らには「稲葉正長
にnri次男幸之蒸墓」と彫られた墓が立っている。

高さ50㎝の花崗岩製の小振りの墓碑で、側面には元文二丁巳十一月 日」「一歳」とある。

勿論お類様とは無関係である。

「墓はその人が死んだ」と言う原則に従って考えるなら、やはりお様は天城・池田家ゆかりの

女性であり、里帰りして療養中に病死した。 そこ稲葉家の知行地の一つであった串田へ葬られた。

お類様の従って伊稲葉家のに入った女性が正室となり、この地へ帰って雪之丞を産んだが亡くなっ

たので、お類様に託することのした。 こういう構図も成り立つのではなかろうか。

同地の真言宗・法性山西芳寺に安置されている位牌と照合したところ戒名は「霊覚院殿慈室奉恵大

師」と見え、裏面には「享保十六年辛亥歳十一月十二日行年甘四歳・稲葉四郎衛門之妻」との類書

があった。

この位牌も高さ51㎝、金泥眩い笠塔婆で、台座が痛んでいる以外立派なこしらえである。

この寺も火災にあったとかで過去帳やお類様についての伝承は残されててない。
Date: 2017.07.03 Category: 四十八 池田お類様の墓  Comments (0) Trackbacks (0)

天誉上人見守り堂跡

応仁元年、勝手な振る舞いが多く西阿知へ逃げて熊野神社を興した円海が、

細川らの兵士を使って熊野神社関係の神社仏閣をほとんど焼き尽くした。

この再建の大願を発して、諸国を勧進して得た資材で明応元年に至って社殿

及び堂搭の大半が成就した。

この大仕事を成し遂げた天与上人は、向木見の株式会社小橋の工場を上に登った

所を隠隠居として余生を送った。

今もこの場所は「長老のコウゲ」と呼ばれている。

明応六年(1497)四月十七日、六十七歳で天寿を全うした。

村人達は、天与上人の偉業を称えると共に、いつまでも熊野権現を見守って

欲しいとの願いから林、曽原、福江の村人達が資金を出し合って立派な像を

造り、熊野権現を見下ろせる場所にお堂を建立した。

この像の残欠は、上人の後 、宮本歩氏宅に保管されているが、最近市史編集室が

赤外線写真を撮ったところ、正確な記録が残っていたとのことである。

この時代に村人が資金を出し会って、このような像を造るということは非常に珍しい

事で、当時の村人が如何に上人を敬っていたかが、想像出来る。

天与上人
Date: 2017.07.02 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
プロフィール

郷内歴史保存会

Author:郷内歴史保存会
ご訪問有難うございます。

私達「郷内歴史保存会」は、
今消えつつ有る、地元の貴重な
歴史の足跡を後世に残す為に
発足致しました。

更新につきましては、まちまち
ですが、勉強会や説明会、及び
地区のイベント等の情報を載せ
ていけたらと思っております。


基本は楽しく歴史を学べる場と
して、老若男女、沢山の方々に
参加して頂けたらと考えています。


これからもどうぞ宜しくお願い
致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ翻訳(強化版)
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。