FC2ブログ

阿弥陀庵(山伏寺覚城院跡)

阿弥陀庵


ここは元山伏寺であったため、境内には「長床宿老」の肩書が刻まれた墓石が、

かなりの数があったが、本道寺の大修理の時、整理されたようで今はない。

新熊野大権現が神仏分離令により、大巌寺が廃寺となって児島四国代五十三番

「札所」を覚城院跡に移設されたのが、阿弥陀庵である。

入口門の左に、高さ1.5メートル、幅61センチの自然石に「五十三番札所」と力強く

彫られて、側面に「嘉永二茜三月」とあるが、年号からもわかるように、元大巌寺

にあったものの移設である。
スポンサーサイト



Date: 2017.07.12 Category: 六十二  阿弥陀庵(山伏寺覚城院跡)  Comments (0) Trackbacks (0)
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
プロフィール

郷内歴史保存会

Author:郷内歴史保存会
ご訪問有難うございます。

私達「郷内歴史保存会」は、
今消えつつ有る、地元の貴重な
歴史の足跡を後世に残す為に
発足致しました。

更新につきましては、まちまち
ですが、勉強会や説明会、及び
地区のイベント等の情報を載せ
ていけたらと思っております。


基本は楽しく歴史を学べる場と
して、老若男女、沢山の方々に
参加して頂けたらと考えています。


これからもどうぞ宜しくお願い
致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ翻訳(強化版)
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)