FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

村岡先生と行く わくわく歴史探訪の皆さんと

先日、広島県より(村岡先生と行くわくわく歴史探訪)の皆さんがおいでになり、日本第一熊野神社、五流尊瀧院の辺りを散策されました。
そのご案内を郷内歴史保存会会長田辺がさせて頂くこととなり、短い時間ですが楽しい時をご一緒出来ました。
今日はその時の一部を紹介します。

youtube




       

 熊野神社と五流尊瀧院を訪ねる

                                     
                                     郷内歴史保存会

                                    解説者  田辺 進


【日本第一熊野神社】 村岡先生と行くわくわく歴史探訪の皆さんと共に

         新熊野権現の領域と山伏寺、社僧寺


新熊野権現は、長床を修業の場とする山伏衆25家院と、35ヶ寺の寺院とが
奉仕して来た。

江戸期になって、池田光政が神官を送り込んで、神官・山伏・僧侶の3者で奉仕
することとなり、これを三方守護と言う。

IMGP1416_convert_20120327102726.jpg
【五流尊瀧院宝塔】


五流関係宝塔


一、五流尊瀧院宝塔(国重文。後鳥羽上皇御影塔とも呼ばれる)
◆宝塔の造り   花崗岩製、総高3.755㍍、基壇幅2.42㍍

方形の基壇上に各挟間(ごうざま)のある分厚い基礎を置き、
1.07㍍の塔身は円筒形で、首部勾欄を一石で造り勾欄には四躯の
飛天女を刻む。
軸部には正面に大日如来坐像が彫られており、左右上下に扉軸の穴がある。
背面に梵字があったという。磨損は風化だけでなく、応仁の兵火にかかったためと言われる。

笠石の軒の四隅に、風鐸 をつるした穴があり、銅製風鐸 を垂れ,併せて相輪頂より下がる金属製鎖を
結び止めていた可能性が高い。

露盤には二つの格狭間を並べ、伏鉢、請花、九輪,上の請花と宝珠も整い(宝珠と上の請花は後補)
鎌倉時代の様式が良く出た、最高の丁寧さで建立されている。



IMGP1424_convert_20120327103245.jpg
大久保利通の馬車


大久保利通の馬車

襲撃されたとき乗っていた血染めの馬車。イギリス製、二頭立て屋根付き。
襲撃当時のフロントガラスが破れたまま。

長さ3メートル.高さ1.8メートル.車軸1.5メートル 征韓派の士族に襲撃される。
明治11年(1878)5月、東京の紀尾井坂をこの馬車で出勤の途中刺客に襲われ
殺害された。歳49

昭和16年2月、永代供養を依頼して、利通の孫大久保利武氏から贈られた。


スポンサーサイト
Date: 2012.03.29 Category: 歴史探訪  Comments (0) Trackbacks (0)
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
プロフィール

郷内歴史保存会

Author:郷内歴史保存会
ご訪問有難うございます。

私達「郷内歴史保存会」は、
今消えつつ有る、地元の貴重な
歴史の足跡を後世に残す為に
発足致しました。

更新につきましては、まちまち
ですが、勉強会や説明会、及び
地区のイベント等の情報を載せ
ていけたらと思っております。


基本は楽しく歴史を学べる場と
して、老若男女、沢山の方々に
参加して頂けたらと考えています。


これからもどうぞ宜しくお願い
致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ翻訳(強化版)
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。