FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

郷内歴史保存会 標柱建立

西行法師参籠地  (清田八幡神清社の長床)

  標柱スポンサー丸進工業株式会
IMGP1724_convert_20121021103313.jpg

解説者 郷内歴史保存会会長 田辺進

西行法師とは、歌人として有名ですが、もとは北面の武士で、佐藤義清(のりきよ)と称し、

鳥羽上皇に仕える兵法に詳しい侍であった。

二十三歳 秋に出家する。

三十一歳 高野山中心に仏門修業(大峰入りの行)

三十六歳 宮島に参詣(この時清田八幡に参詣)

五十歳  十月より西国行脚(この時二回目の参詣)讃岐に渡り、崇徳院 白峰御陵.

     善通寺参拝 西行法師参籠の八幡神社と伝えられている神社
 
  群八幡宮(岡山市群)児島湖締め切り堤防横の弁天島に「昔見し...」の歌碑あり

  八浜八幡宮(玉野市八浜)

  大崎八幡宮(玉野市大崎)

  最近、渋川海岸に西行腰掛石が設置されている。

西行が仏門に入って修業を始めた頃、大峰入りの行をする指導を五流尊瀧院の行栄が


先達を務めて、指導をした記録が残されており、恐らくその関係から五流尊瀧院に立ち

寄った時、五流山伏の手によって清滝から曽原に奉還された清田八幡宮の長床に籠も

ったと思われる。


   西国へ修業して、まかりける折り、児嶋ともうす所に、八幡のいははれ給ひ

   たるけるに籠りたりけり。

   年へて又そのやしろを見るけるに、松どもの古木になりたるをみて、




      むかし見し  松は老木に  なりにけり

                 我年へたる  程も知られて
  


この和歌に詠まれた老木は、清田八幡宮から約百米程下った十字路(曽原公会堂の

交差点)に「いざり松」と言って根回り三米三十、目通り三米、枝張り東西十六米 南北十四米、

高さ九米、推定四百年、幹は倒れぬよう石の突っ張りがしてある。

この老木は、かつて金坪池(後の森池)決壊の時、岩椿神社の境内から流れて来たと

の伝説があり、この老木を詠んだものと思われる。






スポンサーサイト
Date: 2012.09.15 Category: 西行法師参籠地  Comments (0) Trackbacks (0)
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
プロフィール

郷内歴史保存会

Author:郷内歴史保存会
ご訪問有難うございます。

私達「郷内歴史保存会」は、
今消えつつ有る、地元の貴重な
歴史の足跡を後世に残す為に
発足致しました。

更新につきましては、まちまち
ですが、勉強会や説明会、及び
地区のイベント等の情報を載せ
ていけたらと思っております。


基本は楽しく歴史を学べる場と
して、老若男女、沢山の方々に
参加して頂けたらと考えています。


これからもどうぞ宜しくお願い
致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ翻訳(強化版)
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。