三余塾


三余塾


明治の初めは、行政変革がめまぐるしく、教育制度もこれによって変動している。

明治6年12月、古市萬三を教師として児童三十四名、寺子屋式の授業を古市

克己氏の離れで始めた。

明治9年硯池小学校と改称、児童95名、女十六名

明治23年、木見、尾原、山村が合併してきみ村となり、木見の本校を新築、第一

木見尋常小学校と称し、尾原は分教場、山村(由加)は支校(今琴浦北小学校の場所)

とした。

明治31年、木見、尾原の校舎を統合して今の藤原直樹氏の屋敷に福岡尋常小学校木見

分教場を新築した。

明治2年、木見分教場より尾原分教場(尾原689番地)へ新築移転した。
スポンサーサイト
Date: 2017.06.15 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

らんとうば

この場所は元五流報恩院の一角で、昔から「らんとうば」と呼ばれているが、その意味は不明である。

「卵塔婆」と書かれてもいるが、当て字ではなさそうで、「卒塔婆」に関係する言葉なのかもしれない。

豊島石で造った家型の石造物を「らんとう」と言い、これがかなりの数、ここに置かれていたとのことで、

そこから生まれた言葉かとも思われる。

今はこの石造物も壊れて積み重ねられているが、昔、この地に五流山伏の長老が入寂され、今は「いぼ」の神様

として、水をお供えして、お願いすると「いぼ」が取れるとつたえられている。
Date: 2016.06.16 Category: 五十二らんとうば  Comments (0) Trackbacks (0)

由加参道丁石

地蔵さんの右側に「瑜伽山へ福田新田五ノ割内」左側に「左者ざ川八幡道」上に「三十八丁」

と彫られている。

これは、元は近くの三叉路にあったと思われる。

場所は元の設置された位置とは違っていることを念頭に置いて考慮されたい。
Date: 2016.04.03 Category: 四十四 由加参道丁石  Comments (1) Trackbacks (0)

お知らせ

6月24日  午後13時~、FMくらしき(ひだまりガーデン)
  7月1日  午後13時~、FMくらしき(ひだまりガーデン)

郷内地区の歴史深い場所を散策しながら、解りやすく説明をしている様子を放送されます。
ぜひお聴き下さい
IMGP2374_convert_20140621204833.jpg
アナウンサーの方と愛育委員 市議会議員 そして保存会のメンバーで散策している所







IMGP2401_convert_20140621204547.jpg
Date: 2014.06.23 Category: FM倉敷取材  Comments (0) Trackbacks (0)

歴史講演会

                       歴史講演会

                      内藤家(倉敷市林)
                  唐櫃から見える山伏(熊野信仰)

IMGP2577_convert_20140621202051.jpg

講師 岡山県立美術館学芸課長  中田利江子先生

IMGP2575_convert_20140621201927.jpg




IMGP2564_convert_20140621201747.jpg
Date: 2014.06.21 Category: 講演会  Comments (0) Trackbacks (0)
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
プロフィール

郷内歴史保存会

Author:郷内歴史保存会
ご訪問有難うございます。

私達「郷内歴史保存会」は、
今消えつつ有る、地元の貴重な
歴史の足跡を後世に残す為に
発足致しました。

更新につきましては、まちまち
ですが、勉強会や説明会、及び
地区のイベント等の情報を載せ
ていけたらと思っております。


基本は楽しく歴史を学べる場と
して、老若男女、沢山の方々に
参加して頂けたらと考えています。


これからもどうぞ宜しくお願い
致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ翻訳(強化版)
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)